[PR]

 国立情報学研究所やNTTなどの研究チームは20日、スーパーコンピューターを超える高速計算ができる国産の「量子コンピューター」の試作機を公開した。27日から専用サイト(https://qnncloud.com/別ウインドウで開きます)で申請すれば利用できる。

 研究チームによると、試作機は神奈川県厚木市のNTTの研究所で開発。わずかな温度変化でも計算結果に影響するため、高さ1・8メートルある専用の箱に入れて温度を厳密に保ってある。

 公開時点では、一部の問題しか対応できないが、研究グループの山本喜久プログラムマネジャーは「来年5月以降、新薬の開発などにも対応させたい」としている。(杉本崇)