【動画】航空機をテーマにした二つの展示施設「MRJミュージアム」と「あいち航空ミュージアム」=吉本美奈子撮影
[PR]

 愛知県豊山町にできる航空機をテーマにした二つの展示施設が20日、報道関係者に公開された。30日に同時開業する両施設は、来秋までの1年間にのべ計75万人の来場を見込む。

 施設は、戦後初の国産旅客機「YS11」を展示する「あいち航空ミュージアム」と、三菱重工業が開発する国産初のジェット旅客機「MRJ」を扱う「MRJミュージアム」。

 愛知県が約50億円をかけた航空ミュージアムは、県営名古屋空港内にできる。YS11や小型ビジネスジェット機「MU300」が見もの。操縦を疑似体験できるシミュレーターや、地元の航空産業史を紹介する3D(3次元)シアターもある。700メートルほど離れたMRJミュージアムには、機体(胴体部分)の実物大の模型がある。組み立て工場に併設されているため、機体を製造する様子も見られる。

関連ニュース