【動画】将棋の藤井四段、通算50勝を達成=佐藤圭司撮影
[PR]

 将棋の中学生棋士、藤井聡太(そうた)四段(15)が21日、大阪市福島区の関西将棋会館であった王座戦(日本経済新聞社主催)の1次予選で、平藤眞吾七段(54)に126手で勝った。日本将棋連盟によると、藤井四段の通算成績は50勝6敗(未放映のテレビ対局を除く)となった。

 藤井四段は昨年12月24日のデビュー戦から10カ月29日で通算50勝を達成した。日本将棋連盟によると、現在のタイトルホルダー6人のうち通算50勝達成が最も早かったのは羽生善治棋聖(47)で1年2カ月10日。この羽生棋聖の記録を、藤井四段は上回った。

 終局後、藤井四段は「序盤の構想がまずくて形勢を損ねた。全体的に自信が無い局面が長く続いた。本当に勝ちと思ったのは最後の最後」「(通算50勝は)1局1局積み重ねた結果で、節目(せつもく)の数字となりました」などと話した。

 将棋の王座戦は、全棋士と女流棋士4人が参加。1次予選、2次予選のトーナメントがある。2次予選を勝ち抜いた棋士とシード棋士の合計16人による挑戦者決定トーナメントで、挑戦者を決める。9~10月に五番勝負があり、挑戦者が中村太地(たいち)王座(29)に挑む。(佐藤圭司)