[PR]

 衆院予算委員会の質問時間について与野党の筆頭理事が20日、国会内で会談した。与党側は質疑を計1日半とし、質問時間の配分を「与党5対野党5」とすることを提案。野党側は計3日間で「与党2対野党8」とするよう求め、平行線に終わった。

 首相が出席して国政全般を議論し、テレビ中継もある予算委の審議は注目度が高い。与党は27日終日と28日午前に行いたい考えで、野党と開きがある。配分についても最近の予算委ベースでは「2対8」で、野党側は削減に応じない構えだ。

 15日に行われた衆院文部科学委員会では、質問時間の配分をめぐって与党側が「5対5」、野党側が「2対8」を主張して対立し、最終的に「1対2」で決着した経緯がある。与野党は文科委の時間配分を前例としないことを申し合わせている。

 一方、この日の自民党役員の会合では、15日の文科委で野党側の最後の質問通告が当日の午前5時で、20日の衆院代表質問も同日午前11時だったことが話題になった。「各役所が拘束され、負担がかかっている」との指摘があったという。(笹川翔平)

こんなニュースも