【動画】初冠雪が観測された金剛山周辺=井手尾雅彦撮影
[PR]

 西日本では20日、強い寒気の影響で山間部の一部で雪が降った。大阪と奈良府県境にある金剛山(標高1125メートル)では、今季初めて山頂付近がうっすらと雪に覆われた。大阪府千早赤阪村によると、山頂付近の気温は午前4時ごろに零下1・8度を記録。午前中に雪が降り始め、午後0時半に約1センチの積雪を確認した。初冠雪は昨年より26日早いという。

 気象庁によると、大阪市で4・8度、兵庫県西脇市で零下0・3度、富山県朝日町で1・0度、岡山県笠岡市で3・1度など各地で今季の最低気温を記録。冷え込みはしばらく続く見込みという。

関連ニュース