[PR]

 冬型の気圧配置が続いている影響で、21日も県内各地で雪が降った。弘前市と今別町では、この日夕方までの積雪量が最大値で27センチと28センチにのぼり、それぞれの11月の記録を2~6センチ更新。北海道新幹線奥津軽いまべつ駅(同町)前の駐車場では、車に数十センチの雪が積もり、雪かきに追われる人の姿もあった。

 青森地方気象台によると、県内各地の積雪量(午後3時現在)は、青森市酸ケ湯が86センチ、五所川原市33センチ、青森市31センチ、むつ市脇野沢26センチ。この時期としては多く、担当者は「根雪になる可能性がある」と話した。22日は気温が上がり、八戸市などで晴れ間も期待できるが、23~27日は再び雪の見込みだ。(中野浩至)