てんでんこ 皇室と震災・第3部20

 天皇、皇后両陛下はときに、災害の被災地に寄せる思いを歌で表現してきた。

 壊れたる建物の散る島の浜物焼く煙立ちて悲しき

 1993年7月に発生した北海道南西沖地震で大きな被害を受けた奥尻島について、天皇陛下が詠んだ歌だ。この歌を刻んだ歌碑は今、奥尻島南端にある青苗岬の海を見渡せる小さな丘の上に立っている。

 今年1月、宮内庁が発表した天…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら