[PR]

 自動車の「金沢ナンバー」の対象地域である金沢市、かほく市、津幡町、内灘町は、新たに導入する図柄入りプレートのデザインを「梅鉢紋と雪つり」に決めた。12月に国に提案し、来年10月から交付を始める予定だ。

 2市2町は、金沢美術工芸大に図柄案を制作委託し、①雪と梅鉢紋②水引③雪と桜④梅鉢紋と雪つり⑤兼六園の5種類の案について10月に住民アンケートを実施した。総投票数は2125票で、梅鉢紋と雪つりが最多の636票を集めた。住民代表ら5人で構成する選考委員会でも、全会一致で採択されたという。

 図柄入りプレートの交付には8千~9千円の手数料がかかる。カラーとモノクロの2種類が用意され、カラー希望者はさらに千円程度の寄付金が必要になる。(塩谷耕吾)