[PR]

漫画偏愛主義

 どの作品を読んでも面白い。う~ん。もうビッグネームになったヤマシタトモコを、基本的にはニッチな漫画を紹介しようと心がけている当コラムで紹介するのも気が引ける(?)が、今回もやはり面白かったので、紹介させていただこう。

 高校生男女の踊る青春を描いた「BUTTER!!!」、ホラーでBLというチャレンジングな「さんかく窓の外側は夜」、男女の心が入れ替わるという定番設定ながらも意外な着地点をみせた「WHITE NOTE PAD」などなど、次々と佳作を発表してきたヤマシタトモコ。本作は、両親を突然事故で失った15歳の女子中学生・朝(あさ)と、その叔母で35歳の少女小説家・槙生(まきお)の同居譚(たん)。大人なのに大人らしからぬ不器用さを持つ槙生と、子犬のような素直さを持つ朝との共同生活は、お互いを変化させつつ、ゆっくりと過ぎていく。掲載誌は女性誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)。

 槙生は、姉の遺児である朝の処…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも