[PR]

 大阪・日本橋にある高島屋東別館が、宿泊施設や商業店舗が入る複合施設として生まれ変わる。1937(昭和12)年に、松坂屋大阪店として建てられた。改装工事を施した上で、2019年の営業開始を目指す。昭和初期の百貨店の雰囲気を残す外観は、そのままにする。

 シンガポールの不動産大手が入居し、施設を運営する。年内にも仮契約を結ぶ方向だ。

 宿泊施設は、キッチンや家具を備えた「サービスレジデンス」という、中長期滞在者向けのものにする。訪日客の急増で、大阪市内はホテル不足になっている。交通の便がよい大阪市南部を拠点に、関西地方を数日かけて旅行する外国人旅行者の取り込みを目指すとみられる。

 また、美術品や資料などを展示する、高島屋の史料館もリニューアルする。

 高島屋東別館は、大阪・難波に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら