[PR]

 井原市芳井町明治地区で生産されているゴボウ「明治ごんぼう」のブランド化による地域活性化を図ろうと、市や生産者団体、総合スーパーのイオンリテールなどが振興協議会を立ち上げた。江戸時代発祥とされる、地域特有の赤土で育った風味豊かな特産品。関係機関が連携して生産と販路の拡大を目指す。

 標高400メートル、粘土質の赤土畑が広がる明治地区。地元の人たちはここで取れたゴボウを「ごんぼう」と呼び、明治ごんぼうの名で年間90トン前後を生産している。一般的なゴボウと比べて一回り太く、身が白くて柔らかく、香りがよいという。

 江戸時代には生産されていたとする文献が残り、明治から大正にかけて地区全域での生産に。しかし適地の赤土畑は急斜面。大型耕作機が使えず収穫が重労働となるうえに連作ができない。そのため生産量も担い手も減少。1960年代に地区の全世帯だった約500戸の生産農家は50戸弱にまで落ち込んでいる。

 販路も地元井原市や広島県福山…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら