[PR]

 第26回四万十川短歌全国大会(朝日新聞高知総局など後援)が18日、四万十市中村京町1丁目の幡多信用金庫本店で開かれた。31都道府県の164人から396首の投稿があり、最優秀賞の大会賞に高知市の依光ゆかりさんの「PAC3あをぞらに向き立ちつくし土佐の祭りの始まる初秋」が選ばれた。

 選者は、「玲瓏(れいろう)」編集委員で現代歌人集会理事の小黒世茂さん(大阪市)と現代歌人協会理事の沖ななもさん(さいたま市)。

 上位入賞は次の通り。(敬称略)

 四万十市長賞=池知さつき(高知市)▽四万十市観光協会賞=前田加枝(和歌山市)▽中村ロータリークラブ賞=芝潤子(四万十市)▽四万十ロータリークラブ賞=木下のりみ(和歌山県白浜町)▽四万十ライオンズクラブ賞=田中ひさし(さいたま市)▽土佐くろしお鉄道賞=前田昭夫(愛媛県愛南町)▽国際ソロプチミスト幡多賞=岡添眞子(四万十市)▽四国しんきんカード賞=長石幸子(鳥取市)▽中村短歌会賞=木下正博(和歌山県白浜町)(菊池均)