[PR]

 福岡県大野城市の商業施設で万引きしたとして男が保安員に現行犯逮捕された事件で、県警は22日、駆けつけた警察官から拳銃を奪って発射したとして、男を強盗殺人未遂と公務執行妨害の疑いで再逮捕し、発表した。「弁解はありません」と話しているという。

 春日署によると、再逮捕されたのは同県那珂川町中原東1丁目の無職、野村賢治容疑者(44)。10月20日午後2時50分ごろ、イオン大野城ショッピングセンターの保安室で、署地域課の男性警部補(49)の首を片腕で絞めて腰のホルスターから拳銃を強奪。警部補と保安員(62)に向けて2発を発射し、殺害しようとした疑いがある。弾丸の破片などが保安員の顔に当たり、けがをしたという。

 署は、野村容疑者が警察官から拳銃を奪おうとした行為が「強盗」にあたり、殺意をもって2人に発射したと判断した。