[PR]

シカも見学、春日野球場

〈春日野球場と東大寺〉 明治22年に野球をはじめた同志社、その直後の三高から手ほどきを受けたというから奈良の野球は古い。樹々の緑にかこまれ、一周600メートルの陸上トラックと直線200メートルのコースがとれたという広い春日野球場。隣接して有名な東大寺がある。明治、大正ころの選手は、東大寺の屋根の突端にある鴟尾(しび)をねらって打撃練習に励み“気力の野球”をやった。「さえたバットの音を聞くと少々の頭痛や腹痛はなおった」という。だが、名物のシカが試合や練習を見学するため、しばしば中断というのどかさもあった。大正3年郡山中学を卒業した大門勝(明大―満ク―日本電気高畑山荘管理人、県高野連顧問)が明大に進んだ。のちに永沢武夫(郡山中―明大―満ク―元大洋監督)野田健吉(郡山中―立教大―満ク―県高野連顧問)が大正12、13年に相次いで東京六大学へ進学、それぞれ主将となった。奈良から二人も主将が出たということで当時は話題になった。春日野球場も、いまでは押寄せる観光事業の波にあおられて約半分が自動車の駐車場と変り、残りの半分が軟式球場としてそのなごりをとどめている。

〈対校試合のはしり〉 明治31年、大正天皇が皇太子のころ、県庁前の芝生で行われた奈良師範と郡山中との試合をご覧になり、天理教の初代真柱、中山新治郎も「外来競技の野球は活発でなかなか面白いものだ」といったことから天理教校(天理高の前身)に野球部が誕生。畝傍中、五条中、奈良中、宇陀中も相次いではじめた。しかし対校戦が激しくなるにつれて、応援もエキサイトし、あげくの果ては学校同士のけんかざたまで起った。このためまず天理教校が大正3年に野球を中止。次いで奈良師範も同13年に野球部を解散した。郡山中も野球部への監視、指導がきびしく、素行乙以上でなければ部員になれなくなった。

〈厚い壁、和歌山〉 大正6年、第3回大会の紀和大会に初めて出場した奈良師範が決勝で和歌山中に24―0のスコアで大敗したのをはじめ、幾度となく巻返しをはかった奈良勢だが、そのつど敗れること16年。しかし昭和8年になって中田武夫投手(現姓溝部、阪急―阪神―京都大丸―ピーコック産業商品部長代理)大橋正信遊撃手(関大―関西大学野球連合理事長)らの郡山中が海南中を6―3で破ってついに悲願を達成した。同年3月早大を卒業した鳥飼秀男(大阪日刊スポーツ社長)が翌9年1月の入営まで母校の世話をすることになり、見事に県内優勝までこぎつけた。いよいよ宿敵和歌山勢と対戦となった、そこで鳥飼は、はたと困った。和歌山を破るまでのさい配に自信がなく、荷が重いと感じ、部長の白井昇(広陵―広島高師、ロサンゼルス日本語放送会社社長)に思いあまって相談。白井は郷里の先輩の毎日新聞広島支局員だった石本秀一(元広島カープ監督、評論家)に白羽の矢を立て石本監督―鳥飼コーチのコンビでついに打倒和歌山に成功した。

〈小成に甘んじる〉 奈良県人には人を押しのけてでも前に出ようとする意欲がない。したがって昭和8年の輝やかしい活躍も刺激剤にならず、“不毛の地”というのが関係者の一致した見方。奈良の生んだ好選手といえば大洋投手陣を背負っている森中千香良(奈良商工)と同窓の戸口天従(法大―近鉄―阪急―橿原バッティング・センター)である。プロには東田正義(三重交通―西鉄)元田昌義(南海)忍全功(大洋)の御所工出身と植村秀明(郡山高―広島東洋カープ)がいる。ノンプロは小西良之助(天理高―早大―熊谷組庶務課)今西時夫(天理高―日本生命刈谷支部長)辻岡善昭(御所工―三重交通)山田智千(御所工―日立製作)らがでている。

〈育ての親〉 赤堀秀雄(畝傍中―早大―元同県高野連会長、県議会副議長、故人)豪放な性格で、早大時代飛田穂洲と意気投合、大正2年天理中の指導を依頼するなど、戦前から組織づくりや技術向上、審判協会の確立育成に力をそそぎ、生涯を奈良県の発展につくした。いまなお打倒和歌山に意欲を燃やしているのが、中島駒次郎(市岡中―早大―元天理高教師―同県副会長)大西音治郎(郡山中―法大―元朝日新聞奈良支局員、同県顧問)らがいる。

(1968年5月8日掲載、年号は昭和)

こんなニュースも