【動画】400年の伝統を持つ富山湾の定置網漁=山西厚撮影
[PR]

 「天然のいけす」とも呼ばれる富山湾で、冬の味覚のブリが旬を迎えた。一大産地の富山県氷見市でも、伝統の定置網の中でブリが躍るが、網は「出入り自由」なのだという。「環境に優しい漁業」とも称され、海外からも注目される。漁の現場をのぞいた。

時紀行

 午前4時50分の富山県氷見(ひみ)市沖。漆黒の海が、舞台のようにスポットライトで照らされていた。

 全長50メートルほどの網の両端で「台船(だいぶね)」「中船(なかぶね)」がへりを向き合わせる。沖側の船で漁師たちが一斉に網をたぐると、約30分で2隻は手が届きそうなほど近づいた。

 網を巻くモーターがうなり、狭い漁船の間にたぐられた網に水しぶきが上がる。ブリやカマス、アオリイカなどがずしりと1トン余り。漁を見守った氷見漁協理事の浜谷忠さん(73)は「今日は少ない方だね」。まもなく迎えるブリ漁の最盛期には、10キロほどの大物が網一面を埋め尽くすという。

 魚種が豊富で「天然のいけす」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース