【動画】原発事故後初めて報道陣に公開された福島県立大野病院=福留庸友撮影
[PR]

 東京電力福島第一原発事故の影響で全町避難が続く福島県大熊町。22日、町内にある県立大野病院(閉鎖中)が原発事故以来、初めて報道陣に公開された。地震と津波の被害に遭った住民らを治療していたところ、原発の事態が悪化し、避難を迫られた当時の状況が残されていた。

 「津波にのまれ呼吸苦」「下腿(かたい)骨折」。院内のホワイトボードには、患者の容体を示す紙が何枚も貼られていた。ストレッチャーが無造作に置かれ、天井の一部はパネルがはがれて床に散らばっていた。各診療室には布団が敷き詰められ、ロビーにはベッド代わりにしたと思われる寄せ集めの椅子。発泡スチロールの食器も散乱したままだった。

 県によると、原発から約4キロに位置する病院に国から避難指示が出たのは、2011年3月12日午前5時45分ごろ。入院患者約30人のほか、運ばれてきた患者や職員、住民ら合わせて約120人が身を寄せていた。午前7時ごろ、大型バス2台が到着。患者らを乗せて出発した。ただ目的地はなく、一緒に避難した医師の木本圭一さん(65)によると、「できるだけ西へ」という指示だったという。

 原発から20キロ圏外の川内村に到着したのは午前9時ごろ。村で3日間、避難生活を送ることになるが、この日の午後、第一原発の1号機建屋が爆発した。

 福島県は、震災と原子力災害の教訓を継承するため、20年夏に当時の資料を展示する施設を双葉町に建設する方針。この日の公開・立ち入りも資料を保存する一環で、震災発生時で止まった掛け時計など23点を収集した。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/

(石塚広志)