[PR]

阿蘇山仰ぎ みがく闘魂

〈肥後もっこす〉 マラソンの金栗四三、柔道の木村政彦、水泳の田中聡子、そして野球の川上哲治。熊本は数多くのスポーツ選手を生んだ。森の都熊本。この地には古くから“肥後もっこす”という言葉がある。一徹もの、意地っ張りという意味である。思いこんだらとことんやりぬく。雄大な阿蘇を背景に、この精神が逸材をはぐくんだともいえる。

 川上哲治。巨人軍監督。弾丸ライナー、赤バット、打撃の神様などと形容され、現役を退いてからは座禅、哲のカーテンなど代表的なもっこすぶりをみせた。大正9年3月、球磨郡大村(いまは人吉市)の農家の長男に生れる。小さな少年であだ名をチビテツといった。熊本工へ進学。昭和9年甲子園の決勝、相手は藤村富美男の呉港。川上は右翼手で9番打者。成績は3打席3三振。大打者の面影はない。しかしくやしい。ここに川上の不屈の精神がのぞく。雌伏3年の12年再び決勝戦。こんどは3番打者で投手。捕手は吉原正喜。しかし野口二郎の中京商に敗れ、またも悲願ならず。川上、吉原はともに巨人へ。その後の活躍は周知の通り。

 当時のメンバー、岡本敬次郎一塁手(現姓川口)は一時西鉄、阪急に籍をおいたが、現在熊本県産業開発青年隊訓練所長。高木茂左翼手は名古屋球団を経て熊本市交通局電車庶務係長。吉原はインパールで19年戦死。竹を割ったような性格で、もし生きていれば巨人の監督になっていただろうと、彼を知る人はうわさする。

〈熊工黄金時代〉 川上の少し先輩にノーヒット・ノーランの岡本敏男左腕投手、母校で教鞭(べん)をとる竹永一男二塁手がいる。岡本の懐古談――。ノーヒットは昭和7年の18回大会3回戦、相手は石川師範。主戦の田上(戦死)が不調だったので、控えの私が登板した。無我夢中で終ってから記録を知った。いま熊本市消防署勤務。

 竹永は熱血漢だ。中学時代よく騒ぎを起したと笑う。戦後9年間熊工の監督をした中村民雄は闘志の男である。猛練習で指のマタが裂け血がにじむ。それでも歯をくいしばった。もう一人のもっこすである。セネタ―スをやめたあと、熊本市内でスポーツ店を開く。武宮敏明(巨人コーチ)後藤次男(阪神コーチ)馬場広治(熊工監督)高山高尾(熊本市消防署)この4人はいずれも捕手。吉原を含めて名捕手の声高く、そろって中村の秘蔵っ子である。このころが熊工黄金時代。

 熊工打倒を叫んだ選手群に熊本商の渡辺渡(熊本商大監督)井上康弘(元巨人、醬油会社工場長)済済黌の末次久雄(元門鉄、戦死)木村茂(鎮西高監督)ら。木村は中学時代果せなかった夢を済済黌の監督として春夏合わせて甲子園5回。うち33年選抜で全国優勝した。その時、小さな大投手といわれた左腕城戸博は東京で自営。

〈先達者〉 熊本の野球史は古く日本発祥の地という説もある。明治32年野球部発足の済済黌初代投手小柳雪生。年老いてなお高校野球をみつめていたが、40年5月肺炎がもとで東京で他界した。福田虎亀(熊中投手)。昭和21―23年熊本市長をし、いまは市社会福祉協議会会長。熊本野球の父といわれる坂梨安次郎。アメリカ帰りの坂梨は熊工に奉職して川上、吉原を育てる。戦後高野連発足の時、中心となって熊本球界に尽力した。80歳を越す高齢でゆうゆう自適。

 明治の末、県下に野球禁止令。やはりトラブルが原因。しかし禁止令ぐらいでは、ようやく盛んになり始めた野球熱はさめない。少年野球、町内野球等々。大正12年やっと解禁。それを待っていたかのように熊本商が14年に甲子園へ。熊本からの初出場である。その時の捕手瀬口久雄(現姓佐村)は現在宮崎中央高教諭。

〈生きる伝統〉 豊かな球史に富む熊本から現在プロで活躍する選手を拾うと。首位打者2回の熊本商江藤慎一(中日)や高倉照幸(巨人)盗塁王になったこともある済済黌の古葉竹識(広島東洋)熊本工の西園寺昭夫(阪神)前田益穂(東京)山本公士(阪急)八代東の池田純一(阪神)鎮西の末次民夫(巨人)など30人近く。これらの選手、さほど天分に恵まれているわけではなく、努力と闘志でかち得た座である。ここにも伝統のもっこすは生きている。

(1968年5月11日掲載、年号は昭和)

こんなニュースも