[PR]

(23日、大相撲九州場所12日目)

 自分の負けに「物言い」をつけるという、力士としてあり得ぬ愚行の翌日。白鵬がどんな相撲をとるのか注目された。果たして、2秒1と一瞬の完勝だった。

 前回対戦した名古屋場所で負けた御嶽海に対し、右でほおを張って、左をスパンと差す。ほぼ同時に右上手をグイッと引いた。体を起こされ、相手は何もできない。力強く寄り切った。

 昨日の負けを引きずらなかったかと問われ、「内容的には引きずらなかったんじゃないかな」と返した。得意の右四つでなく、左四つを狙ったことについては「名古屋の相撲でひっかかったものがあった。『もう一つ』と考えました」。左で負けた名古屋の借りを博多で返すため、左にした。自らの相撲にストーリー性を持たせるのが好きな白鵬らしい選択だった。

 この日、白鵬は会場入りすると…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも