出島表門橋の完成記念式典に出席するため長崎市を訪問したオランダ王室のローレンティン妃は23日、同市香焼町の福岡俘虜(ふりょ)収容所第2分所跡地に建つ追悼碑を訪れ、献花した。

 同分所は1942年に開設され、第2次世界大戦で日本の捕虜になったオランダや米英の兵士ら約1500人が収容された。捕虜は近くの造船所に使役され、母国に戻ることなく約70人が亡くなったとされる。

 碑は、有志による追悼碑建立委員会(朝長万左男代表)が建立。戦後70年の2015年、捕虜が解放された9月13日に除幕式があった。国内だけでなく、オランダや米国など海外からの寄付もあったという。

 追悼碑では朝長氏や収容所跡地…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら