[PR]

 千葉県発注の排水路工事の一般競争入札で、予定価格などを不正に業者に漏らしたとして、県警は23日、県東葛飾土木事務所(同県松戸市)の前所長ら県の幹部職員2人を官製談合防止法違反容疑で逮捕し、発表した。情報を元に工事を受注したとして同市の建設会社の元役員も公契約関係競売入札妨害容疑で逮捕した。県警は3人の認否を明らかにしていない。

 逮捕されたのは、3月まで同土木事務所長で現・千葉土木事務所長の佐藤政弘(58)=千葉市緑区あすみが丘4丁目▽東葛飾土木事務所維持課長だった佐藤好明(51)=同県船橋市習志野台2丁目▽松戸市の建設会社「岡本組」の元取締役高松英範(74)=同市二ツ木――の3容疑者。

 捜査2課によると、幹部職員2人は昨年6~8月、県発注の排水路工事の一般競争入札の前に、予定価格や落札額の下限の目安となる「調査基準価格」を高松容疑者に漏洩(ろうえい)。岡本組が入札に参加することで官製談合をし、同社に落札させて、公正な入札を妨害した疑いがある。

 東葛飾土木事務所は東京都に近接する松戸、野田、流山、鎌ケ谷の4市の道路や河川の整備を担当。問題の工事は松戸市内の県道の雨水を下水に流す施設を整備するためのもので、昨年8月下旬の入札には岡本組を含む3社が参加した。1社が辞退し、岡本組が約1億1400万円(税込み)で落札した。予定価格に対する落札率は90・4%だった。

 県警は今年9月以降、3人のほか、入札に関係した複数の人物から任意で事情聴取。工事の関係資料を分析し、3人の関係を調べてきた。