拡大する写真・図版 前節の明治大戦で競り勝ち、観客席に向かって応援歌を歌い上げる中央大主将のDL佐藤=横浜スタジアム

[PR]

 アメリカンフットボールの関東大学リーグはすでに日本大の3年ぶりの優勝が決まり、25日から最終節に入る。中央大は2014年のリーグ再編以来初の4勝目をかけ、26日に立教大とぶつかる。チームを引っ張る主将は、あの菅田将暉(すだ・まさき、24)を先輩に持ち、侍のような面構えで守備の最前線で体を張ってきた男だ。

 DL(守備ライン)の佐藤将貴(まさき、4年、大阪・池田)だ。身長184センチ、体重105キロの堂々たる体で暴れ回り、相手の攻撃プレーをつぶす。1年のころから活躍し、なるべくして主将に。佐藤は今シーズンのここまでを振り返り、「全部勝てたんですけどね」と顔をゆがめる。

 確かに、歯がゆい戦いが続いて…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。