[PR]

 文化庁と明治大学が主催したシンポジウム「マンガ文化の保存拠点計画」(11月23日、明大駿河台キャンパス)を取材してきました。マンガ・アニメ・ゲームに関する資料の保存に関わる大学や施設や企業の専門家が、それぞれの取り組みについて報告し、全体の拠点となる総合施設の可能性や役割などについて語り合いました。

 2009年に頓挫した「国立メディア芸術総合センター(通称:アニメの殿堂)」構想の反省を踏まえ、超党派の「マンガ・アニメ・ゲームに関する議員連盟」が「MANGAナショナル・センター」早期実現を求める決議をしたのが2年前でした。5時間超に及ぶ今回のシンポを聴いて、各分野の個別の取り組みでは具体的な進展が見られ、日々増えていく資料の受け入れ先や人材育成機関として総合施設的なものが求められていることは分かりましたが、その実現に向けて道筋が見えて来たと言えるほどではなく、まだまだひと山もふた山も(あるいはもっと)あるんじゃないかな、という感触でした。

 それは、青木保・国立新美術館館長と土屋恵一郎・明大学長による冒頭の基調対談から既に感じたことです。青木館長が、同館などが企画し世界各地を巡回した「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」展の成功に触れ、「世界中の研究者が資料を見に来られるような施設を作る時期が来た」「我々も大学などと連携してやっていきたい」と言いましたが、国立新美術館は「美術館」なのに「収蔵品を持たない」施設で、07年の開館時には「でっかい催事場に過ぎない」との声もあったと記憶してますが、それがヨソサマに収蔵機能を求めるというのはどうなのかなぁ……とムズムズ。

 対する土屋学長は「明治大学に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら