[PR]

 「野良猫が増えている。保護できないか」。そんな声がこの秋、動物愛護ボランティア団体に寄せられた。場所は熊本市東区の県民総合運動公園。だが、保護施設はすでに満杯。「せめて不幸な境遇の猫が増えないように」と選んだのは去勢して再び放す方法だ。

 ミケ、ブチ、キジトラ……。県民総合運動公園を歩くと、猫の姿をあちこちで見かける。公園を管理する県スポーツ振興事業団の推定では100匹前後。毎年子猫が生まれ、捨てられたとみられる個体もいて、放っておけば増える。今年は餓死したとみられる死骸も何度か見つかった。散歩していた近所の女性(65)は「家の近くにまでふんが多い」と困り顔。一方で定期的にエサをやる人もおり、注意すると「可哀想でしょう」と訴えるように言われたという。

 市民から情報提供を受けた一般社団法人「清川しっぽ村」(神奈川県清川村)は21~23日、計25カ所にわなを仕掛け、野良猫計76匹を捕獲した。捕まえ(Trap)、不妊・去勢手術をし(Neuter)、元の場所に戻す(Return)取り組みで、頭文字をとって「TNR活動」と呼ぶ。資金は個人や企業の寄付でまかなっているという。

 去勢が必要な39匹の手術をす…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら