秋篠宮妃紀子さまが24日、オランダ王室のローレンティン妃と佐賀県入りして、有田町の県立九州陶磁文化館や県窯業(ようぎょう)技術センターなどを視察した。

 このうち窯業技術センターでは、県の交流事業でオランダから来日中のデザイナー、アリキ・ヴァン・デ・クルイスさんらの作品を鑑賞した。紀子さまから「海外との交流をたくさんされていますね」と声をかけられた吉田秀治所長は、「今後も交流を続けたい」と話したという。

 紀子さまとローレンティン妃は、出島と対岸を結ぶ「出島表門橋」完成を祝う24日の記念式典出席のため長崎市を訪問。この機会に、有田焼を通じてオランダと交流がある有田町も訪れた。