[PR]

 自民党の神谷昇衆院議員が自らの選挙区の市議に現金を配っていた問題で、共産党の笠井亮政策委員長は24日の記者会見で、「報道が事実であれば、選挙前に票の取りまとめを依頼すると買収の疑いになる。どういう意図で配ったのかも含めて、当事者が事実関係を説明すべきだ」と述べた。

 そのうえで、「(神谷氏は)自民党の公認候補であり、届け出政党である自民党が問題をどう考えるのか。政党としての自浄作用や自律性の問題が問われる」として、自民党としての対応を求めた。

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は記者団に、「まだ詳細は分からないので軽々なことは言えないが、そのお金の性質は一体何なのか。選挙への協力の依頼をしたかが大きなポイントになってくると思う」と述べた。