[PR]

 北海道立高校の男子生徒が4年前に自殺したことをめぐる訴訟で、札幌地裁が道側に、学校が生徒に実施したアンケート結果を証拠として提出するよう命じていたことがわかった。

 亡くなった高校1年、悠太さん(当時16)の母親(50)は息子の死から4年半を経て、A4判27枚のアンケート結果を手にした。ずっと学校や北海道に求めながらも、拒まれてきた内容。「やっとスタートラインに立った気持ち。記載されている内容の一つひとつを、遺族や学校が共有することが大切だ」と話した。

 悠太さんは中学からトランペットを始め、高校でも吹奏楽部に入った。「お世話になった人に成長を見せたい」と、全国規模の大会への出場を目指し練習していた。ところが、部員とのトラブルをきっかけに、顧問から厳しい叱責(しっせき)を受け、「『もう誰とも連絡をとるな、行事にも参加しなくてもいい』と言われた」と母親に話した翌日、自ら命を絶った。

 学校側は「適切な指導」と説明…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら