[PR]

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は25日、フィンランドのルカで団体第2戦(HS142メートル)があり、竹内択(北野建設)、小林陵侑、葛西紀明(ともに土屋ホーム)、小林潤志郎(雪印メグミルク)で臨んだ日本は1108・2点で3位だった。日本が団体で表彰台に上がるのは、2016年2月以来、2季ぶり。ノルウェーが1184・2点で優勝した。