てんでんこ 皇室と震災・第3部25

 天皇陛下は昨年8月8日に発表した「おことば」で、天皇が象徴としての役割を果たすためには、天皇が国民に象徴の立場への理解を求めるとともに、天皇も国民に対する理解を深め、常に国民と共にあるという自覚を「育てる必要を感じて来ました」と述べた。

 瀬畑源(せばたはじめ)・長野県短大准教授(41)は、陛下が考える「象徴」の役割として「国民と共にあるだけでなく、象徴の立場を理解してもらうことも含まれる」とみる。

 20世紀の世界では、国民の支…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら