[PR]

 札幌市東区の路上で20代の女性が背中を包丁で刺された事件で、北海道警に非行内容を認めた同市の中学1年生の少年(12)が被害者の女性と面識はなく、「道路で前を歩いていた若い女性を見つけ、背部を刺した」と話していることが道警への取材でわかった。少年が殺人未遂の非行内容を認めたため、道警は児童福祉法に基づいて26日、要保護児童として同市児童相談所に通告した。

 道警によると、少年は25日午後5時55分ごろ、包丁で同区の20代の会社員の女性を刺して殺そうとしたとされる。女性は背中に深い刺し傷があり、全治1~2カ月の大けがを負った。少年は「人が死んでいるところや殺しているところを想像していた」「人を傷つけたい気持ちがあった」などと話しているという。

 現場は丘珠(おかだま)空港西側の住宅街。札幌市営地下鉄東豊線栄町駅近くで道営住宅が立ち並ぶ一角。事件当時、女性は徒歩で帰宅中で、背中を刺された後に助けを求めた。女性が倒れ込むのを通行人が見つけて110番通報した。女性は厚手のコートを着ていたが、背中に包丁が刺さった状態だったという。

 少年は調べに、包丁はリュック…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら