[PR]

 外食チェーンのサイゼリヤは27日、2019年9月ごろまでに約1千店の全店を全席禁煙にする方針を明らかにした。厚生労働省が20年の東京五輪・パラリンピックまでに受動喫煙対策を強化する法改正を検討しており、ファミリーレストランなどが規制対象になる可能性があるため、対策を急ぐことにした。

 来年2月以降に出す新店から、店内に喫煙スペースを設けるなどして、客席は全席禁煙にする。既存店も順次改装し、客席はすべて禁煙にする方針だ。

 法改正をめぐる議論では、喫煙席のある店で未成年の就労を規制する案もある。10月に会見した堀埜(ほりの)一成(いっせい)社長は「高校生のバイトが働けなくなる」と人手確保の面から懸念を示し、いずれ全店を禁煙にする考えを示していた。

 外食チェーンでは、ロイヤルホストホールディングス(HD)や日本マクドナルドHDが全席禁煙化を完了。日本ケンタッキー・フライド・チキンも9割以上の店を全席禁煙にしている。(高橋末菜)