[PR]

 27日に東京・国技館で開かれた大相撲の横綱審議委員会では、九州場所で史上最多記録を更新する40度目の優勝を果たした横綱白鵬の言動についても議論された。処分の方針までは至らなかったが、厳しい意見が相次いだという。

 委員会後に記者会見した北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)は、「全く異例のインタビューだった」と、万歳三唱をした千秋楽の優勝インタビューを問題視。「(日馬富士による暴行事件で)これだけ協会が厳しい状況にある中でなんで万歳ができるのか。本人も現場にいたわけで。場所中には『物言い』をつける問題も起こした。40度目の優勝は記念すべきことではあるが、みんなで万歳というのはよくわからない」

 同じインタビューの中で白鵬が「日馬富士関と(殴られたとされる)貴ノ岩関を再びこの土俵に上げてあげたい」と発言したことについても、委員からは批判的な意見が多かったという。北村委員長は「言葉の問題で、母国語では違った(意味だった)かもしれないが」と前置きした上で、「ただの願望なら良いけど、自分がそのようなことができるように言うのはおかしいという意見が多かった」と話した。