[PR]

 札幌市東区の路上で20代の女性が背中を包丁で刺され重傷を負った事件で、事件直前、近くの商業施設の防犯カメラに女性の後を歩く不審な人物が映っていた。北海道警は、要保護児童として同市児童相談所に通告した同市の中学1年生の少年(12)が、女性の後をつけていた可能性があるとみている。

 道警によると、少年は25日午後5時55分ごろ、帰宅中の同区の会社員女性を包丁で刺して殺そうとした疑いがある。道警の調べに、殺人未遂の非行内容を認めている。

 現場は市営地下鉄東豊線栄町駅近くで道営住宅が立ち並ぶ一角。女性は25日夕に同駅で降り、近くの商業施設に寄った。施設の防犯カメラには、黒いフード付きジャンパー、白いマスクをした男が女性の後をつけるように歩いている姿が映っていたという。

 26日に捜査員が同じ施設で黒…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら