[PR]

 26日に幕を閉じた大相撲九州場所で、11勝4敗で技能賞を獲得した所沢市出身の幕内力士、北勝富士(ほくとふじ)関(本名・中村大輝〈だいき〉)に地元から今後に期待する声が相次いでいる。28日には、田中龍夫入間市長も「相撲のまち入間の誇り。地元で相撲に励む少年たちの目標になる」と喜んだ。

 27日には、所沢市の藤本正人市長が定例会見で、「よく頑張った。ここで引くかなという場面も、前へ前へ正々堂々と取り切った。市の観光大使をして頂いている。毎回『埼玉県所沢市出身、八角部屋』とアナウンスされ、ありがたかった」と話した。市は、優勝戦にもつれこむことも想定し、パブリックビューイングまで準備していた。

 入間市では、北勝富士の恩師、入間少年相撲クラブの西澤正夫総監督(55)が場所を見守った。

 「大輝(北勝富士)が小学校4…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら