[PR]

 大相撲の横綱日馬富士が平幕貴ノ岩に暴行したとされる問題で、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)が28日、スポーツ庁の鈴木大地長官を訪ね、問題の謝罪と、協会による調査の状況について報告した。

 面会の冒頭で、八角理事長は「このたびは大変お騒がせしました。公益法人として暴力は許されないことだと思っている。今まで講習会を開いて力士に注意喚起をしてきたが、今後も続けていきたい。努力したい」と話した。鈴木長官は「暴力事案が発生したのは大変残念。関係者から事情聴取をしたうえで、社会に対しての説明責任を果たして頂きたい」と応じた。

 八角理事長は非公開の会談で、協会の危機管理委員会が日馬富士らに対して実施した調査状況を説明。「貴ノ岩への聴取が終わっていないので、中間報告をした。最終的な報告が出た段階で改めて報告したい」と述べた。

 ただ、貴ノ岩に対する協会の聴取については、師匠の貴乃花親方(元横綱)に協力を要請しているが、見通しが立っていない。八角理事長は「親方に協力を求めているが、本人の体調が一番」と述べるにとどめた。鈴木長官は「真実を明らかにして、一刻も早い報告を望む」と述べた。