[PR]

 神奈川県葉山町で昨年9月、10代の女子大学生に酒を飲ませて性的暴行を加えたとして、集団準強姦(ごうかん)の容疑で書類送検されていた慶応大の男子学生6人について、横浜地検は28日、いずれも不起訴処分とし、発表した。地検は処分理由を明らかにしていない。

 男子学生は学園祭イベント「ミス慶応コンテスト」を主催していたサークル「広告学研究会」のメンバーだった。慶大は昨年10月、複数の未成年の学生に飲酒させたなどとして広告学研究会に解散命令を出した。6人のうち3人が無期停学処分を受けている。