[PR]

 大阪市住之江区の集合住宅で7月、生後3カ月の長男を約10時間置き去りにしたとして、大阪府警に保護責任者遺棄容疑で逮捕された夫(36)と妻(19)について、大阪地検は28日、不起訴処分(嫌疑不十分)とした。長男は熱中症で死亡し、保護責任者遺棄致死容疑に切り替えて捜査していた。地検は「証拠が十分でなかった」としている。妻は府警の調べに「クーラーをつけて外出した」と供述したという。