[PR]

 競泳日本代表の瀬戸大也(23)=ANA=の妻で、飛び込み女子の馬淵優佳(22)=JSS宝塚=が28日、自身のツイッターで、現役を引退することを明らかにした。「第2の人生も頑張りたい」などと、周囲への感謝の気持ちをつづった。

 馬淵はツイッターで「皆さんにお伝えするのが遅くなりましたが、私は(今年)8月のユニバーシアードを最後に競技を引退することにしました」と報告。続けて「今まで沢山応援をしてくださり本当にありがとうございました。第2の人生も頑張りたいと思いますので今後ともよろしくお願い致します」と結んだ。

 馬淵は日本飛び込み界の第一人者で中国出身の父・馬淵崇英コーチから指導を受けた。今年6月の日本室内選手権の1メートル板飛び込みで優勝。夫婦そろって出場した8月のユニバーシアードでは8位入賞を果たした。瀬戸とは10月1日に結婚式を挙げ、その後のオーストラリア合宿にも同行していた。(照屋健)