[PR]

 平昌冬季五輪でスピードスケート日本女子初の金メダルを見据える小平奈緒(31)。今季のワールドカップも絶好調で、五輪代表入りを確実にした。そんな無敵の世界女王をいつもそばで支えているのが、同い年の親友だ。

 7月、小平は松本市の美鈴湖自転車競技場にいた。標高1千メートルにあるバンクで持久力とスプリント力を養うための自転車練習。信州大時代から指導を受ける結城匡啓コーチとともに、小平の傍らには石沢志穂(31)の姿があった。練習の合間に声をかけあうと、2人から笑みがこぼれた。

 北海道出身の石沢は、スピードスケート長距離の選手だった。2010年バンクーバー、14年ソチと2大会連続で冬季五輪にも出場。その際、選手村で同部屋だったのが小平だった。2人が出会ったのはともに中学生のころ。スケートに打ち込む2人はすぐに意気投合し、仲良くなった。

 「サポートしてほしい」と声を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら