[PR]

 北朝鮮による弾道ミサイル発射について安倍晋三首相は29日朝、首相官邸で記者団に「国際社会の一致した平和的解決への強い意思を踏みにじり、このような暴挙を行ったことは断じて容認できない。北朝鮮に厳重に抗議した」と語り、国連安全保障理事会に緊急会合の開催を要請する考えを明らかにした。

 首相は「飛行状況を踏まえればICBM(大陸間弾道ミサイル)級と思われる」との認識を示し、「政府としてはミサイルの動きを完全に把握し、危機管理に万全の態勢をとった」と強調した。

 そのうえで、国際社会が北朝鮮への制裁措置を完全に履行する必要性を指摘。「我が国はいかなる挑発行為にも屈することなく、圧力を最大限まで高めていく。引き続き、強固な日米同盟のもと、高度の警戒態勢を維持し、国民の命と平和な暮らしを守り抜く」と述べた。

 また、小野寺五典防衛相は同日朝、防衛省で2回目の取材に応じた。小野寺氏は、通常の角度で発射された場合の射程は5500キロをはるかに超えるとし、「ICBMと判断するべき能力だ」と断定した。