[PR]

 強制わいせつ罪の成立に行為者の「性欲を満たす意図」は必要かが問われた訴訟で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は29日、「一律に必要とするのは相当ではない」との判断を示した。大法廷判決の理由の要旨は以下の通り。

◇要旨

 1970年の最高裁判決は、「強制わいせつ罪の成立には、行為者の性欲を満たす意図が必要。(当時の審理の対象になった)女性を裸にして撮影する行為でも、それが女性への報復、侮辱、虐待の目的なら、強制わいせつ罪は成立しないというべきだ」と判断した。

 しかし、70年判例は維持しがたい。

 法文上、強制わいせつ罪の成立要件に、性的な意図といった行為者の主観的事情を求める文言の規定はない。70年判例は、性的意図が必要とした理由は明らかにしていない。

 性的被害にかかわる規定には、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら