[PR]

 絶滅の危機にあり、ワシントン条約で取引が規制されているアルマジロトカゲを違法に所持していたとして、日本人の男(49)が南アフリカの警察に逮捕されていたことが分かった。

 現地の日本大使館などによると、西ケープ州の検問所で地元警察が24日、逃走した車を追跡して取り押さえたところ、車内の男のバッグから、アルマジロトカゲ48匹(約580万円相当)を発見したという。

 男は「ホテルで逃がそうと思っていた」などと供述しているというが、貴重な野生動物の所持などを禁じた同国の法律に違反した疑いがある。日本への密輸目的だった可能性もある。

 日本の税関で保護されたものを…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも