[PR]

 携帯電話を遠隔操作してメール閲覧などができるアプリを、交際していた女性のスマートフォンに無断でインストールしたとして、熊本県警は29日、福岡県大牟田市新地町、会社員大菅義明容疑者(33)を不正指令電磁的記録供用容疑で逮捕し、発表した。「承諾を得ていた」と一部否認しているという。

 荒尾署によると、大菅容疑者は9月8日と同19~20日の2回、大牟田市のホテルなどで、当時交際していた熊本県の20代女性のスマホに遠隔操作できるアプリ2種類を無断でインストールした疑いがある。

 恋人関係は9月末ごろに終わったが、その後も大菅容疑者から女性の元に「○○にいるだろ」などと居場所や行動を知っているような電話があったという。10月上旬には女性の友人にも同様の電話があり、この友人が警察に通報した。

 使われた遠隔操作アプリは本来、盗難・紛失対策に開発されたもので、スマホの現在位置を知らせたり、見られたくないメモリーを消したりできる機能がある。一方で、無音で写真・動画を撮影できたり、メールや通話履歴も見ることができたりするため、盗撮やストーカー行為などに悪用される恐れも指摘されているという。

 熊本県警の続木聡司・サイバー犯罪対策課次席は「他人のスマホに無断で正当な理由なくインストールすれば、ウイルスを仕込むのと同じ法律が適用される。被害を防ぐためには、スマホのパスワードの管理は厳重にしてほしい」と話している。(大畑滋生)