[PR]

 角界に詳しいアーティストのデーモン閣下さんの話 表向きに暴力を否定しながらも、力士の指導に暴力はしょうがないという空気が残っているのが問題だ。体罰や暴力を使わずに育成する方法論を編み出せていない。相撲界は部屋や一門単位でまとまりやすいが、後進の育成方法を確立し、全体で情報共有していかないといけない。そうしないと、相撲協会の屋台骨自体が崩れてしまう。内部でできないなら外部の識者に指導してもらうしかない。

横綱の説明責任果たしていない

 日本スポーツ法学会元会長の菅原哲朗弁護士の話 日馬富士は引退会見で、暴行を「行きすぎた指導」としたが、程度の問題ではない。暴力による指導はあり得ない。潔く責任を取って引退を決めたのだろうし、捜査中を理由に事実関係に触れなかった点は理解できるが、横綱としての倫理的な説明責任はある。なぜ暴力を振るったのか。それが許される雰囲気だったのか。説明すべき点はたくさんあるはずなのに、果たされていない。

「土俵に戻ってきて欲しかった」

 相撲愛を語るエッセー本「スー女のみかた」の著者、和田靜香さんの話 暴行は絶対に許されない行為だが、貴ノ岩に謝罪し、謹慎したうえで、土俵に戻ってきて欲しかった。過ちを犯した横綱が反省し、再び頑張る姿を見せることは、一度失敗するとやり直せない今の世の中にとっても良いことだ。インターネット上には、引退を惜しむ声があふれている。ファンの共通した思いではないか。