[PR]

 大相撲の元横綱日馬富士(33)が幕内貴ノ岩(27)に暴行したとされる問題を巡って、九州場所(福岡国際センター)の優勝インタビューでの横綱白鵬(32)の言動に対し、日本相撲協会が30日午後の理事会でけんせき処分を科す方針であることがわかった。白鵬周辺の関係者が明らかにした。協会は同日に白鵬を東京・国技館に呼び出し、事情を聴いた上で処分を伝える見込み。

 白鵬は千秋楽の26日、土俵わきでの優勝インタビューの中で暴行問題に触れ、「日馬富士関と(殴られたとされる)貴ノ岩関を、再びこの土俵に上げてあげたいと思います」などとファンに訴えた。さらに、観客に呼びかけて万歳した。

 これに対し、横綱審議委員会の北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)が翌27日、「何か自分でできるような感じでね。そういうことを言うのは横綱としておかしいのではないか」と苦言を呈していた。日馬富士は29日、暴行問題の責任を取り、現役引退を表明している。

 2007年には、当時横綱の朝青龍がけがを理由に休んだ夏巡業中、母国モンゴルでサッカーに興じていたことが発覚し、2場所出場停止などの処分を受けた例はあるが、現役横綱に対する処分は異例。