[PR]

 サッカーJリーグ1部(J1)、川崎フロンターレの顔が、主要タイトルで過去8度の2位になり、シルバーコレクターと呼ばれた「万年2位」のチームの歴史に終止符を打った。2日、クラブ創設21年目でJ1初優勝を飾った川崎の中村憲剛(けんご、37)。クラブ一筋15年目のベテランが、チームメートの手で宙を舞った。

 試合終了の瞬間、ピッチの上に座り込み、一人、泣いた。「長すぎて、タイトル取れずに辞めるかと……。悔しかったこととか、いままでの全てが、走馬灯のように頭の中を駆け巡った。涙を止めることができなかった」

 川崎への入団は2003年。当時は下部のJ2にいたが、司令塔としてチームをJ1に引き戻し、自身は日本代表に駆け上がった。クラブとファンとともに成長してきた自負がある。だからこそ「このクラブは俺の人生の一部」という。

 チーム最年長になった。一度は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら