[PR]

 トランプ米大統領が自身のツイッターで英国の極右団体「ブリテン・ファースト(英国優先)」の副代表が投稿した差別的な動画をリツイート(転載)したことを巡り、メイ英首相の報道官が29日、「間違っている」と非難した。トランプ氏も英国からの指摘に反発している。

 トランプ氏が転載したのは、「イスラム教徒の移民が松葉杖の少年を殴打」などと題した3件の動画投稿で、イスラムへの嫌悪感をあおるような内容になっている。

 メイ英首相の報道官は29日、「大統領がこんなことをするのは間違っている」と非難した。「ブリテン・ファーストは、うそをばらまき、憎悪に満ちた物語でコミュニティーを分断しようとしている。良識、寛容、敬意といったこの国の価値観と相反する極右の偏見ある弁論を、英国民は強く拒絶する」と強調した。

 一方のトランプ氏は同日夜、英国の指摘にツイッターで反発。「テリーザ(メイ氏)、私に集中せずに、英国で起きている破壊的な過激派イスラムのテロに集中しろ。我々はよくやっている!」とつづった。(ワシントン=杉山正、ロンドン=下司佳代子)

こんなニュースも