[PR]

 SMBCコンサルティングが30日発表した今年の「ヒット商品番付」で、東の横綱は「インスタ映え」、西の横綱はトランプ米大統領らの「ツイッター政治」だった。SNSに関連したものが東西の横綱となり、同社は「人々の生活スタイルを大きく変える可能性を秘めたものが多かった」としている。

 大関は、人気で品薄が続く「ニンテンドースイッチ」と、有機EL画面の米アップル「iPhoneX」。関脇は21世紀生まれ初のプロ棋士、藤井聡太四段が加藤一二三九段と共に選出された。卓球の張本智和選手ら「10代のスポーツ選手」も選ばれた。

2017年のヒット商品番付(東西の順)

(横綱)インスタ映え、ツイッター政治

(大関)ニンテンドースイッチ、iPhoneX

(関脇)藤井聡太四段・加藤一二三九段、10代のスポーツ選手(張本智和選手ら)

(小結)自動運転技術、AIスピーカー

(前頭1)料理キット、電子たばこ

(前頭2)GINZA SIX、シャンシャン(香香)

(前頭3)豪華寝台列車、インバウンド:「コト」消費

(前頭4)カプセル玩具、ハンドスピナー

(前頭5)うんこ漢字ドリル、青色食品