[PR]

 有田川町や日高川町の山では、常緑樹の間から赤や黄に色付いた木々がのぞき、パッチワークのようになっている。

 日高川町上初湯川の八斗蒔峠は、白馬(しらま)山と護摩壇山の間の標高千メートルを超える山々に囲まれ、紅葉の名所として人気。12月上旬まで、色付いたカエデなどに彩られた山々を見下ろすことができる。(金居達朗)