【動画】移設される南海本線の浜寺公園駅の旧駅舎=加藤諒撮影
[PR]

 110年前に建てられた国の登録有形文化財、南海本線の浜寺公園駅(堺市西区)の旧駅舎が「お引っ越し」中だ。高架化に伴い、建物をまるごと約30メートル移動して保存。来春からギャラリーなどとして使われ、2028年ごろ完成予定の新駅舎のエントランスとして復活する。

 旧駅舎は東京駅などを手掛けた建築家、辰野金吾の事務所が設計し、1907(明治40)年に建てられた。白壁に赤い屋根のレトロな洋風の木造平屋建て。かつて「東洋一の海水浴場」と呼ばれ、毎夏100万人が訪れた浜寺海水浴場の玄関口として親しまれた。昨年1月に仮駅舎に役割を譲るまで、私鉄で国内最古の現役駅舎とされた。

 「地元のシンボル」として保存を望む声が強く、「曳家(ひきや)工事」を採用。基礎から切り離した建物(約130トン)を専用のレールに載せて油圧装置で押して移動させる。工事は先月28日に始まり、1日と18日の3回で、1回約10メートルずつ移動させる予定だ。来春には、地元のNPO「浜寺公園駅舎保存活用の会」がギャラリーやカフェ、イベントスペースとして再利用する。

 駅近くに住む同会理事長の平山芳弘さん(82)は、小さい頃から旧駅舎を利用してきた。「通学、通勤と私たちを見守ってくれた。曳家工事が始まり、保存されることを実感して涙が出た。ほっとしています」と心から喜んでいる。(大隈崇)