[PR]

 日本相撲協会は30日、東京・国技館で定例の理事会を開き、元横綱日馬富士による暴行問題を調査している危機管理委員会(委員長=高野利雄・元名古屋高検検事長)から中間報告を受けた。また、殴られた幕内貴ノ岩への聴取を拒否してきた師匠の貴乃花親方(元横綱)が、鳥取県警の捜査終了後、聴取に応じる意向を示したことを明らかにした。

 危機管理委は暴行の状況がほぼ解明できたと判断しており、貴ノ岩への聴取を経て12月20日の臨時理事会で最終報告を出す。11月29日に引退した日馬富士に懲戒処分は科せないものの、今後の指標とするため、日馬富士の暴行がどの程度の処分に相当するかを決める方針。

 中間報告によると、暴行は10月25日深夜、白鵬、鶴竜の両横綱らも同席した鳥取市内のラウンジで起きた。白鵬の説教中にスマートフォンを操作した貴ノ岩に対し、日馬富士が注意したが、にらみ返されたことに腹を立て、貴ノ岩の頭を平手で十数回、カラオケのリモコンで数回殴った、という。

 一方、一部関係者による「ビール瓶で殴った」という証言は認定しなかった。聴取できていない貴ノ岩の証言が含まれていないが、貴乃花親方から内容について反論はなかったと、高野委員長は説明した。

 鳥取県警は12月上旬にも日馬富士を傷害容疑で書類送検する方針で、貴乃花親方は、その後なら協会の聴取に応じると理事会で約束したという。貴乃花親方は巡業部長の職にあるが、協会は調査を優先させるため、12月の冬巡業には行かせないことも決めた。

 また、九州場所の優勝インタビューで白鵬が「日馬富士関と貴ノ岩関を、再びこの土俵に上げてあげたい」と発言し、万歳をしたことなどが横綱の品位を損なったとして、理事会は本人と師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)を呼び、厳重注意した。当初はより重い譴責(けんせき)処分を科す方針だったが、最終的には厳重注意にとどめた。

こんなニュースも